更年期障害とザクロ

ほとんどの女性は、40代後半から卵巣機能がだんだんと衰え、50歳前後で閉経を迎えます。

40代半ばになって月経周期が乱れたり、出血量がいつもと違うなと感じたら、更年期に入った印です。

その後さらに月経周期は乱れ、閉経を迎えることになります。

閉経とザクロ

閉経になると

・骨密度が低下して骨粗しょう症になりやすくなる

・白髪が増えたり、髪が薄くなる

・肌のたるみやシミ・シワが目立ってくる

ことになります。

これを防いでくれるのが「ザクロ」です。

ザクロには女性ホルモンの「エストロゲン」が豊富に含まれています。

加齢によって、減ってしまったエストロゲンの分泌をザクロが補ってくれるからです。

ですから閉経後の障害を改善するためには、エストロゲンがたっぷりと含まれた「ザクロ」を摂ることががおすすめです。

エストロゲンは、抜け毛や白髪の改善、女性らしい美肌を保つために効果的です。

ただし、エストロゲンが多く含まれているのは「ザクロの種」です。

だから、ザクロは種ごと摂るのがおすすめです。

ザクロビバレッジの「冷凍ざくろエリル」は、ザクロの種ごと新鮮さをそのままに冷凍しました。

まるで摘みたてのザクロのように美味しく召し上がれます。

いつまでも若々しくありたい方!
「冷凍ざくろエリル」を一度お試しください。

→ ザクロを種ごと新鮮冷凍した「ざくろエリル」

PAGETOP